塾生の入退室を自動でメールします

ここ最近、保護者の方から子どもは行っていますか?という連絡を頂くことがありました。

そのため、入退室管理システムを整えました。

用意したもの
・デネット パソコンで入退室管理Pro
・Felicaカード白無地(felica lite-s・フェリカライトS・RC-S966)icカード
・ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

入塾生の入退室システム画面は、以下のようになります。

あとは、icカードを近づけるだけでメールが自動で送信されました。

同時に2カ所へ送信可能です。

wordpressや何かないかと探しましたが、こちらが一番良かったです。

保護者の方におかれましては、これからもよろしくお願いいたします。

【今回購入した商品】

※塾や習い事での生徒の登下校時刻のお知らせ用に是非ご活用ください。

特待生第2号 (渡辺ゼミナール)

新2年生になった岩井中の塾生を特待生として認定させて頂きました。
小学生の頃から通っている女の子で学校の成績も現在10位以内となります。

ピアノも得意でコンクールなどに出場しているそうです。
東大合格者の多くの学生が小さいころからピアノを習っていたそうです。
ピアノと勉強の関係に、なにか良い影響があると思われます。

また迎えに来るまでの間に得意のゲームをしている時があります。
あまりの手さばきに圧巻される時が多いです。
まさに天才肌と言わざるを得ません。

主に数学を学習していますが、まだ満点を取ったことがありません。
次の目標は、数学満点を目指していきたいと思います。
※他の教科は満点経験あり

まだ時間はありますが、希望する高校に通えるように一緒にがんばっていきましょう。

特待生第一号 (渡辺ゼミナール)

2月の中旬より、古河中等教育学校に通われる中学2年生の生徒が入塾されました。
学校の数学が難しくなってきたため、個人レッスンをしてるところを探していたそうです。

実際に授業をしてみたところ、高校生の分野を学習していました。
中学・高校と分かれていない教科書を使用していました。

また問題集も大学受験に対応しているものが多かったです。

ひとつひとつ丹念に問題集を解いていくことになると思います。

学年順位も10位以内で、もちろん偏差値も高く、特待生として入塾して頂きました。
長い道のりではありますが、大学受験まで一緒に頑張っていきましょう。

特待生制度について